カジュアル化が止まらない!福原ソープ街の現在

昔「風俗の王様」と呼ばれたソープランドは、成功者だけが許された男の遊びとして業界に君臨していました。
しかし、時は流れ現在はすっかり様変わりしているのです。
全国でも新しい発想のコンセプトと次々と生み出し、業界をリードしている神戸の風俗といえば福原ソープなどは、その変化も顕著です。
すっかり様変わりしてしまった福原ソープ街の現在を詳しく解説してみました。

●”高級過ぎた”ために凋落した過去のソープランド

福原をはじめとする全国のソープランドは、どこも”高級さ”を売りにし、そこに磨きをかけ続けてきました。
その洗練ぶりたるや、非現実的ともいえるレベルであり、だんだん庶民派男性には受け入れられなくなったのです。
そこにバブルの崩壊や、他業態(ピンサロ・ヘルス・デリ)などの台頭が加わり、一時期ソープランドは瀕死の状態といわれるほどに凋落してしまったのです。
これも「高級すぎたこと」が大きな要因であり、またある意味では世間の空気を読めなかったことによる弊害だったともいえるでしょう。

●低価格化から切り開かれた福原ソープ街の復活劇

低迷するソープ業界の中で、福原はいち早く「高級の衣」を脱ぎ捨て、業界からの反発もよそに”低価格化”にカジを切りました。
時間の短縮や価格そのもの低設定化、あるいはサービス券を乱発するなどのあらゆる方法で、ピンサロなどのソフト風俗にも負けないほどの価格設定に切り替えたのです。
福原はそれによって、収入の低い若年層にターゲットを絞り徹底し、大きく収益を伸ばしたのです。
現在の福原では、「格安店」が大半を占めるまでになっています。

”カジュアル化”はイコール”低価格化”とも言い替えることができるのです。

●ソープ嬢の低年齢化

福原ソープ街が”カジュアル”だと感じるようになった理由に「ソープ嬢の低年齢化」も考えられます。
昔は酸いも甘いも噛み分けたような、大人のソープ嬢ばかりで、それもソープランドが威風堂々と感じられる要因でした。
しかし、不景気や日本人女性の性に対する価値観の変化から、ソープ嬢の平均年齢は徐々に下がり始め、福原は日本屈指の「若い女の子がいるソープランド」として知られるようになりました。

単純に”カジュアル”と感じるのも、そこにいるソープ嬢がピチピチとした若い子であるということが大きな理由なのでしょう。
それによって来店するお客の質も変わり、「大人の遊び場」から「若い男性の遊び場」へと変遷しているのです。

●店舗サービスの変化

昔のソープランドでは、「三指接客」「土下座接客」など、お客を迎え入れる際に行う店が多かったのです。
これは、夜遊び慣れした男性には心地よいかもしれませんが、現代の若者・壮年男性にとっては少し行き過ぎです。

最近では風俗はおろか、飲み屋など繁華街にも繰り出さない男性も増えたことから、旧態然のソープの接客では居心地の悪さを感じてしまうのです。
こういった日本人の価値観の変化に合わせてか、ソープランド側でも店舗サービスから高級感を一部排除し、シンプルでハイセンスでかつ誠意の感じられるようなカジュアルな接客が主流です。

●店舗設備の変化

昔のソープランドは、まさに「城」でした。
しかし、そのセンスが時代にマッチしていたのはごく短期間であり、とくに若い男性などからは敬遠されるような外観と内装だったのです。
基本的に「オジサン臭いもの」は流行しませんし、それにいち早く気づいて店舗設備を刷新した福原ソープ街の功績は業界全体から見ても大きなものだといえます。
ソープランドはデリとは違い、実際に足を運んでサービスを受けなくてはなりません。
けばけばしく趣味の悪い昔のソープ店よりも、ブティックやヘアサロンのようにおしゃれな現代の福原のソープ店に行きたがるのも当然の結果なのでしょう。

●まとめ

すっかりカジュアル化した現在の福原は、ソープ嬢の方でも受けが良いらしく「あんなにかわいい店で働けるならソープ嬢になってもいい!」と考える子も多いそうです。
それほど現在の福原はカジュアル化し、これからソープランドデビューをしたいと検討している若い世代の男性へのハードルも低下しています。