兵庫県神戸市には福原という有名なソープ街がありますが、そこは比較的若い女性が多く働いている地域なのですが、そんな福原であっても人妻店が営業しています。
しかも、それは他の地域と比較しても質が高い店が多く、人気のジャンルとなっています。
2015年現在の福原で営業している人妻店というのは数店舗あり、「本家玉家」「仮面の館」「遊遊倶楽部」「セカンドハウス」「Newファーストレディー」などが代表的なお店として知られています。
この中でも特に福原の人妻店として有名なお店といえば「本家玉家」ではないでしょうか。

本家玉家

このお店は、福原の人妻店としては非常に長く続いているお店であり、その歴史は50年にもなります。
福原のソープランドでも最古参の店舗であり、3年も続けば長い店と言われるようなソープランド業界では、類を見ない歴史を持つ店となっています。
女性の年齢層は福原ではかなり高めの40前後の方が多いのですが、価格的にも格安店に入るランクです。
長年続いているという店であるため、固定ファンの根強い人気に支えられているのは間違い無く、在籍している女性も風俗のベテランですから、ソープ嬢としての技術には目を見張る物があります。
人妻店の最大の魅力をしっかりと味わえるので、新規の客でも非常に遊びやすい店となっています。

仮面の館

「仮面の館」や「遊遊倶楽部」、「Newファーストレディー」といったお店は、ここ数年でリニューアルオープンなどで出来た比較的新しいお店です。
同じ人妻店というジャンルではあるものの「玉家」に比べて在籍している女性の年齢層は若めとなっていて、30前後の女性が多めのお店となっています。
価格帯は大衆店に属する2万円前後となっていて、これもソープランドとしてはかなり遊びやすいランクのお店です。
「仮面の館」には、系列として同様のコンセプトである「仮面貴族」という店舗もありますので、混雑している時などに使い分けると待ち時間などを気にせず利用出来るでしょう。
福原のメインは、やはり20代女性を中心に据えた店となっているのは、店舗数の差からも明らかです。
だからこそ、量より質で勝負しているとも言えるのですが、それに違わず福原の人妻ソープ店は他のお店に比べて高い評価を受けていることが多いようです。
様々な年代の女性と遊ぶことが出来るというのも、福原ソープの魅力というわけです。