ウエスタンクラブ

地方に出張に行った時などはその土地のソープランドを楽しむのはソープファンの習性でしょう。
地方によって文化が違うようにソープランドもまた全くと言ってよいほどにサービスも受ける印象も違います。
その土地に引っ越したくなるほど自分にピッタリなソープ街に当たることもあれば、自分の求めているものが全くない場合もあります。
全国に点在しているソープ街の中で福原は「最高峰」のひとつだと言えます。
西日本では博多の中洲ソープ街もあり、ここも非常に魅力的なソープ街ですが、中洲がフォーマルだとしたら福原はカジュアルな印象を受けます。
そのソープ街の特性が強くでるのは「大衆店」ではないでしょうか。
その街で自然淘汰されたバランスがあり、そのソープ街そのものという感じがします。
3~4件大衆店をまわればそのソープ街の傾向が分かります。
大都市大阪には条例によりソープランドが営業できませんので、大阪に出張した時にソープ遊びをしたければ自動的に福原に来ることになります。
そして全国のソープファンが福原を訪れたときに感じるのがキャストのレベルの高さと価格の安さです。
他の地方では高級店にしかいないような美形キャストが2万円台の大衆店でお目にかかれるとあっては評判になるのは当然です。
安かろう悪かろうでは無く、格安店であっても最低水準をキープしているところが福原ソープ街の「底力」なのです。

ウエスタンクラブ外観

『ウエスタンクラブ』は(キャリアウーマンと大人の…)と、ホームページにコンセプトが書かれていますが、実際にはオーソドックスなスタイルの大衆店です。
オフィスを匂わせているのはコンセプトというよりはイメージといったところでしょう。
しかしこの店は非常に人気が高く、日夜大盛況をしているお店です。
60分18000円という低価格ですが、妥協は一切感じられず、在籍嬢の見た目とサービスの質の良さは福原を知る人の間では有名です。
ウエスタンクラブを体験するとコンセプトなどというものが本当に必要なのかと思いたくなるほど「普通で満足」ができるのです。
福原ソープ街は60店以上のソープ店があるために男性客もつい浮気がちになりあちこちの店舗に行きがちですが、ウエスタンクラブは常連が多く、来店回数が二ケタ台になっている人もかなりいるようです。
私も今回で4回目の登楼となりましたが、いつきても満室な待合室にはやはり3人の先客が座っていました。
オフィシャルページで半分ぼかしのIちゃんは若干20歳とのことで、今まで気になってはいたのですが、巡り会えずにいました。
今回待ち時間なしの4名の中に写真を発見し、念願が叶いました。
70分コースの18000円総額を支払い、しばし待機です。
ウエスタンクラブは低価格な店舗の中では内装などはかなりいい方だと思います。
待合室はいつも満員状態ですので少し気まずく感じますが、個室はそれなりの広さあります。
5分で案内となり、廊下でIさんと対面、長く会いたかったキャストだったので嬉しさもひときわです。
個室に向かう間に、その通りをIさんに伝えると、予想以上に喜んでくれて抱き付いてキスしてくれました。
Iさんは顔が私好みで、そこばかりに気を取られていましたが、意外と巨乳でもち肌でした。
プレイ内容は洗体→マット→ベッドといたって普通ですが、ソープに転身してまだ間もない20歳ということで健気にプレイに集中する様子には好感が持てました。
もちろん満足度も十分にあり、この店舗で初めての指名をすることを約束して時間を終えました。
帰りには上がり部屋でアンケート。
文句なしの評価をつけると男性スタッフも喜んでくれました。
非常に気持ちの良い気分にさせてくれるお店です。