女性がする性の議論では、男性の射精までの時間なんていうものは定番中の定番となっています。 早漏と遅漏、プライベートであれば女性にとってはどちらも好ましくないものとして扱われるのですが、ソープランドにおいてはその限りではありません。 では、ソープランドでは早漏と遅漏、どちらの方が好まれるのでしょうか。

◆ 早漏と遅漏

早漏と遅漏についての定義ですが、これはかなり微妙なものとなっています。 国際性医学会という組織が定めた定義がありますが、否定的な意見も多いものとなっていて、今なお正しい定義と呼べるものは無いとも言える状態です。 メンタル的な要素も大きくパートナー次第という部分もあるため、なかなか画一的な定義付けが難しくなっています。

それでも一応の目安とされている条件があり、次のようなものになります。

早漏
1.挿入前・挿入途中・挿入後1分以内に射精してしまう
2.いつもパートナーを満足させる前に射精してしまう

遅漏
1.射精に至らない
2.射精まで時間がかかる

ざっくりとしたものですが、これらのいずれかの条件に合う場合は早漏・遅漏と判断されるようです。

◆ ソープ嬢が好むのは圧倒的に早漏男性

一般の女性であれば早漏・遅漏どちらも厄介なものとして扱われるのですが、ソープランドであればそうではありません。 どちらの方が好まれるかと言えば、断然早漏な男性が好まれます。

どうして早漏男性が好まれるのかというと、ひとえに「満足してもらいやすい」というのが理由と言われています。 ソープランドを訪れる男性は、プレイを楽しむとかソープ嬢とのコミュニケーションを楽しむという方もいるのですが、やはり最終的には射精をすることが目的です。 それさえ達成されれば男性はある程度満足してくれるということもあり、簡単に射精してくれる早漏男性の方が仕事が楽というわけです。 もし早すぎてしまった場合でも、2回戦すればいいだけですし、満足してもらいやすいのです。

逆に遅漏の男性というのは嫌われる傾向にあり、特に短時間コースがメインとなる格安とか大衆ソープであれば、可能な限り避けたいというソープ嬢が多いです。 これは、短時間コースでは射精にまで導けないこともありますが、それによってトラブルになりやすいというのがその理由です。 ロングコースであれば時間的余裕もあるのであまり気にしないというソープ嬢も多いですが、それでも射精させるのが大変ということで、どちらかといえば避けたいという方が多いのです。

ソープ嬢が早漏好きというのは仕事として楽だからというもので、早漏だからといってモテモテになることはありませんし、遅漏だからといってぞんざいな扱いをされることもありません。 どちらに属していたとしても気にする必要はありませんし、遊ぶ時間次第でいくらでもカバーできるものですから、あまり気にせずソープランドを楽しみましょう。