ソープ嬢

風俗遊びの決めては何と言ってもコンパニオンのレベルと相性です。
彼女達自身が「生きた商品」であることは間違いなく、良いコンパニオンがいる店舗は確実に人気店になります。
一昔前までは風俗全体から見た時、ソープ嬢の年齢は高めでした。
その代わりに素人では出来ないような性的サービスを売りにして男性客の支持を得てきたのですが、近年では難しいテクニックを使えても強い集客力にはならないため、店舗側でも若くてビジュアルの優れたコンパニオンを在籍させることに力を注いでいるようです。
近代的な風俗がソープランドしかなかった時代に「素人っぽさ」を売りに登場したホテルヘルスはソフトサービスで本番行為はできませんでしたが、コンパニオンが気軽に始められることから、多くの若いコンパニオンの確保に成功し、一世を風靡しました。
もちろんこのブームの影響でソープランドはお客の流出を余儀なくされた訳ですが、現在のソープ店では「若い」「美人」は当たり前であり、それにソープランド伝統の接客術、礼儀作法を仕込んでいるために風俗業界では最も洗練されたレベルの高いコンパニオンということになります。
福原ソープ街でもその傾向は強く現れ、大衆店くらいの価格帯のお店でも信じられないくらいにビジュアル面、年齢面での充実度は高いのです。
大都市大阪が条例によりソープランドが営業出来ないことも多くのコンパニオンの確保に繋がっているとも言えます。
そして何より福原は関西ソープ界のメジャーリーグですから、コンパニオンの稼ぎも桁外れなのです。
どうせなら多くを稼ぎたいというのは当然の考えですから、周辺からソープランドに在籍する覚悟のある「稼げる資質のある」女性が自然と集まるようです。
しかし男性の好みはそれぞれであり「人妻」「熟女」でしか欲情しない人もいます。
福原ではこういった好みの男性でも簡単に自分に合うお店を見つけることができます。
また「巨乳」「ぽっちゃり」「スレンダー」「かわいい系」「清楚系」「ギャル系」「お姉さん系」など店舗のコンセプトとして打ち出した専門店もありますし、微妙なタイプ合わせも店員に伝えれば合わせてもらえます。
昨今の女性の考え方も随分昔とは変わったもので、平成生まれの若い世代は「どうせ風俗やるなら口でも本番でも一緒」とばかりに、多く稼ぐことができるソープランドを選ぶ娘が増えているという時代背景も手伝い、さまざまな要因で減少気味になるソープ店舗とは逆に、コンパニオン数は過去最高、という状況です。
ある意味今がソープランドの円熟期でもあり、業界の先頭を走る福原は際立って良い状況でもあります。
関西圏の極上な女性と楽しみたいならやはり福原ソープ街はうってつけの場所だと言えます。