平成以降の日本では、少子高齢化が進み社会制度の維持などに大きな問題が発生しています。 労働人口においても若い世代は減ってきているのですが、ソープランドではいつでも20代女性が多数活躍しています。 ソープ遊びに慣れていない方であれば素直に若い女性が多いと思い込んでしまうかもしれませんが、実はそうではありません。 では、何故ソープランドに20代の若い女性が多いのでしょうか。

◆ 吉原年齢という風習

ソープランドの在籍嬢リストを見ていると、お店によって25歳までしか在籍していなかったり、多少年齢が高めでも30歳未満までなど、ある程度まとまった年齢の女性しかいないことが少なくありません。 一見すれば「お店のコンセプトに合わせて採用を制限しているのでは?」と思ってしまいますが、実はそうではありません。 ソープランドでは「吉原年齢」とか「ソープ年齢」という風習が存在しているからなのです。

この吉原年齢とかソープ年齢と呼ばれるものは、ソープ業界では常識で、どこのお店でも必ず設定しているものです。 例えば、学園系がコンセプトであれば20歳前後を基準とされていますし、人妻店であれば30歳前後、熟女店であれば40歳前後という感じです。 高級店であれば若すぎず年をとりすぎずな大人の女性が好まれるということで、25歳前後に設定している所が多いです。 それらの基準に実年齢を加味して前後させ、違和感の無い年齢設定にしているのです。

◆ 吉原年齢についての是非

この吉原年齢の是非というのはソープ業界ひいては風俗業界全体で 行われる終わらない議論の一つで、賛否両論あります。 客側の男性からすればサバ読み、女性やお店側からすれば架空プロフィールの年齢に文句を言われている形なのですから、そもそもの認識の違いもあり、一生終わることのない議論でしょう。

根本的に勘違いされがちなのですが、ソープランドで働く女性のプロフィールというものは「その女性のお店での設定」であり、その女性本来のものではありません。 そもそも名前からして源氏名という偽名を使っているのですから、年齢などが実年齢と違っていても何ら不思議な事ではありません。 この辺りの事情を理解していないソープ遊びに不慣れな方は、実際の年齢との差について怒る方が多いように見受けられます。

このように、ソープランドに20代が多いのはお店のコンセプトに合わせた設定年齢だからということです。 実年齢に関してはこの表記年齢とは違う場合もありますし、本当にその年齢ということもありますが、違っていたからといっても騙しているわけではないということを覚えておきましょう。 年齢はあくまでも目安ですからあまり気にせず、気持ち良くなることを考えて遊ぶことをおすすめします。